読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IoTその2

四季報も第4次産業革命について取り上げている。

ちなみに今日の記事であった。書き立てほやほやだ。

 上昇期待を抱かせるテーマは「第4次産業革命」だ。スマートファクトリーやAI(人工知能)とも絡むビッグデータやIoT(モノのネット化)に集約される銘柄群だ。ドローンを含むロボットや無人遠隔操作といったIT技術にかかわるものづくり銘柄もモメンタム(勢い)を感じさせる。

 

銘柄としては、新興ベンチャーなどよりもものづくりの定番銘柄のほうがオーソドックに上値を追っていけそうだ。為替が円安水準で安定している間は、株価指標面で割安という判断が成り立つからだ。

 たとえば23日の安川電機(6506)、24日の日本電産(6594)を皮切りに「第4次産業革命」関連企業が四半期決算を続々発表する。両社が好業績を発表すれば関連銘柄は値動きに刺激を受ける。今週後半の値動きを見ていると、住友電気工業(5802)古河電気工業(5801)三菱電機(6503)といった2月冒頭に四半期業績を発表する銘柄が上値を追っていた。来週の日々の値動きでいったん下値へと調整すれば即座に“押し目買い”が入るとの好感触を得た。

時代はIoTだ。